ヘルストラブル」カテゴリーアーカイブ

害のない便秘予防にすぐに取り組める方法

便秘は日本国内の定義では、「排便の回数が減ること」とされています。

医療機関の判断でどの程度の期間、大便が出ないことが続くかでは概ね3日以上の基準に当てはめられることが多いとのことです。

便秘の種類には便秘が起こった期間により、急激に突然便秘が起こる(1)急性便秘、便秘の状態が続き改善しない(2)慢性便秘に分けられます。

さらに、便秘の起こった原因によって腸の動きに問題のある①機能性便秘、腸に腫瘍や狭くなった場所があることが問題の②器質性便秘に分けられます。

私たち働く世代に多い、生活習慣やストレスなどで起こる便秘は(2)慢性便秘の中の①機能性便秘に分類されます。

機能性便秘の原因と種類

機能性便秘には腸の動きがどのように低下しているかによって、さらに3つに分けられます。

弛緩性便秘

この便秘は腸の運動が低下しているため、大便が腸の中に溜まることで起こるとされています。
原因は運動不足や妊娠中の方、また食物繊維が不足することで起こるとされています。

痙攣性便秘

こちらの便秘は名前の通り腸が痙攣することで動きが止まり、細くなることで大便が腸の中を進む速さが遅くなることで起こるとされています。

ストレスによって、過敏性腸症候群など自律神経失調症が原因と言われています。

直腸性便秘

直腸は大便が溜まると排泄をするように体に知らせます。
直腸性便秘では、大便が溜まっている知らせに対する反応が鈍ることで、いつまでも直腸の中に溜まったままになってしまいます。

こちらの便秘もストレスが原因となるとされていますが、加え多忙や不規則な生活など体の疲れが加わることで起こるとされています。

大切なことは必要な水分を摂ること

便秘予防の対策は多くあります。

運動をすること、食物繊維を多く取ること、睡眠不足を解消することと多くあります。
効果的なことはストレスを減らすこととありますが、減らすことの難しいのがストレスではないでしょうか?
そこで、今からすぐにでも簡単に取り組める3つのポイントをお伝えします。

1つ目のポイントは必要な量の水分を摂ることです。
1日に必要な水分の量は1500mlと言われています。

体重により必要な量は増えますので大柄な男性では1800ml以上必要な場合があります。
そして、水分の取り方にもポイントが2つあります。

2つ目の水分の摂り方のポイントは、一気飲みではなく少量ずつを飲むことです。
人の体が取り入れれる水分の量は時間によって決まっています。

それ以上の水分を摂ると体は水分を外へ出すために尿の量を増やしてしまい、体には吸収されません。
3つ目の水分の摂り方のポイントは食事と一緒に水分を飲むことです。
水分のみを飲む場合には腸の中で吸収されてしまいます。

食事と一緒に飲んだ水分は食物に含まれ、不要な量が腸で吸収されるのみで大便を軟らかくすることを助けてくれます。

便秘予防にすぐに取り組める方法で、特に体に害のある方法ではありません。
便秘に悩む方は水分の摂り方を見直すことで、辛い便秘の改善に役立ててみて下さい。