目の下のクマやたるみの予防と改善のための3つの方法

睡眠不足や疲れが溜まってくると、目の下にクマやたるみができてしまいます。
睡眠不足も疲れが十分に取れていない状態です。

現代はスマホやパソコンなどで、目を酷使しやすい生活スタイルを送る人が増えてきました。
そのため、目元のケアをきちんと行い、早めに疲れを摂るように心がけたいものです。

目元の血流を良くする

ホットタオルや目元を温めるような商品を使って、目元を温めるようにすると良いでしょう。
目元の血行を良くしてくれ、疲労回復効果を上げてくれます。

眼精疲労などはそのまま寝てもすぐには疲れが取れにくいものです。
そのため、目のつぼのマッサージを行うのも効果があります。

ちょっとした隙間時間を利用して、耳ツボマッサージを行うのも良いでしょう。

運動で睡眠の質を高める

頭の疲れなどはそのまま寝ても、睡眠の質が悪いと、あまり疲れが取れにくくなってしまいます。
また、寝つきが悪く、眠りが浅く、夢ばかりを見てしまい、朝起きても疲れが残ってしまうようなこともあります。

睡眠前にストレッチを行い、全身をほぐしてから休むようにするのも効果的です。
また、適度な運動を行う習慣を付けることによって、寝つきが良くなり、睡眠の質を高めることができます。

疲れを溜め過ぎてしまうと、なかなか症状が良くならない場合があります。
その為、適度な休憩を入れ、リフレッシュできる時間を設けるようにしたいものです。

疲労があっても疲労感がないと、疲れを感じにくくなってしまいます。
目の下のクマやたるみを作らないためにも、体の疲労に気を配る習慣を付けたいものです。

食生活に気を付ける

体が疲れやすい状態になっていると、それが目の下のクマやたるみとなって出てしまいます。
そこで、疲れやすいと感じたら食生活を見直してみることが大切です。

野菜やタンパク質を十分に取り、炭水化物や糖質の摂りすぎに気をつけましょう。
疲れた時は甘いものが有効ですが、摂り過ぎるとかえって疲れやすい体になってしまうので注意が必要です。